上の子が産まれて4年たった頃

上の子が産まれて4年たった頃から2人目不妊を疑い、病院に行き始めました。
夫婦両方で検査するのが望ましいと言われたのですが、くどく言うと怒られそうな気がしたので、私だけでタイミング療法を実施している病院に行きました。料金は1回2800円で安価でしたが、なかなか妊娠には至らないものですね。
それで、姉に勧められた葉酸サプリを飲み始めました(結構高いらしいです)。私の場合はそれが良かったのでしょう。それからしばらくしたら、二人目の妊娠が判明。やったぁ!と思いました。

 

 

嬉しかったです。

 

不妊治療にはいろいろなやり方があり、なぜそうなったかによってその内治療法もまったく異なってきます。

 

 

 

排卵日を正確にチェックし、自然妊娠を志すタイミング法から、高齢の方や体外受精でも赤ちゃんができない人がやってみる最も高度な技術の顕微授精など、その人にそった治療を開始することができます。妊婦が積極的に摂るようにすすめられる葉酸ですが、加熱に弱いので、料理をする場合、注意しなければなりません。調理の中で長時間熱を加えて料理してしまうと、ビタミン、栄養素は半分が失われてしまいます。ですので、加熱する際はさっと湯通しだけにするなど加熱のしすぎに気をつけることが大切です。ホルモンのバランスを改善することで、妊娠しやすい体づくりを進めることが出来ます。ホルモンバランスを整えるには、ストレスを解消したり規則正しい生活を送ったり、軽い運動を行うなど様々な方法があります。その中でもヨガは、お勧めしたい運動の一つです。ヨガによって血行が良くなると、自律神経のバランスが良くなりますから、ホルモンバランスが改善していくという訳です。

 

インターネットを利用すれば簡単にヨガの動画が見られますので、ヨガ教室などに通わなくとも、ご自身の都合に合わせていつでも始められます。軽く運動する事で、代謝が上がりますし、柔軟な体を作ってくれます。ですから、体と心のバランスを整え、健康に繋がるので、ぜひ妊活中の方にチャレンジしていただきたい妊活です。妊娠を頭に置いている、そしてあるいは、妊婦さんでなら、胎児の健全な成長のため、積極的に葉酸を摂取なさってくださいでも、摂取する量には心に留めておくことが必要です。過剰に摂取すると、短所があるみたいです。

 

1日に必要な摂取量を確認してみてください。妊娠しづらいように感じ始めたら、基礎体温の管理から始めてみると良いでしょう。
平均体温と基礎体温は違います。
基礎体温を見ると体の状態というのがよく分かり、妊娠しやすい時期が分かるだけでなく、不妊の原因究明にも役立ちます。

 

普通の体温と違って基礎体温は、毎日、起床時に体温を測るという注意事項もありますから、それに従って毎日続けるのが大事です。
一日忘れても根気よく続けていきましょう。妊娠期間中だけでなく、受胎した時に、十分な摂取が必要である葉酸ですが、つい忘れてしまったりして葉酸の摂取を怠ってしまう場合も良くあると思います。

 

こうした悩みを解決するために、ぜひおススメしたいのが葉酸サプリを飲む事なんです。容易な摂取が可能ですから、普段の食事で十分に摂取できているのか不安な方も心配の必要が無くなります。いまは待望の赤ちゃんを妊娠していますが、半年前までは不妊治療で通院していました。

 

結婚して3年目くらいまでは、基礎体温でタイミングを見計らっても、妊娠しなくて、こればかりは神様次第かなと思いました。でも、義妹や姉のところに子供ができると、焦るやら、落ち込むやらで大変でした。

 

ウィメンズクリニックでは多嚢胞性卵巣症候群と診断され、排卵誘発剤の服用を始めると、二周期ほどで妊娠できました。

 

ストレスも原因だったのかなと思います。
早めに受診するべきでしたね。実は、通院して不妊治療をうけています。

 

でも、それがかなりストレスになってしまっています。

 

 

 

ここまでしないと、妊娠できない事が相当なストレスです。

 

 

 

許されれば、もう、全て投げ出してしまいたいです。でも、それができない事が、ストレスを倍増させているように考えます。

 

 

妊娠しにくい体質を改善する食品というと、おとうふや納豆、魚などがあります。
ほかにも卵、ごま、レバーがありますが、野菜ではブロッコリーが良いですね。妊娠に欠かせない栄養素を含むので、意識して摂取していきたいですね。

 

また、栄養バランス良く偏らない食事にするのが理想であることは間違いありません。また、体を冷やすという食べ物は妊娠を妨げるものが多いので、今しばらくは我慢するべきでしょう。